一般的な青汁との違い

植物と動物の性質を持っているこのミドリムシですが、人間の身体にもよいとされています。現にサプリなどに配合されているのですが、青汁としても多くの人に愛飲されているのです。では、一般的な青汁と、このミドリムシの青汁とではどのような違いがあるのでしょう。

ミドリムシの青汁は、その名の通りミドリムシを原料に作られた健康補助食品となります。通常、一般的な青汁はケールや大麦若葉、明日葉、クロレラなどの植物を原料にしています。もちろんミドリムシも藻の仲間ということで植物なのですが、動物の性質も持つということで、一般的な青汁にはない効能があるのです。それが、青汁に含まれる栄養素と、その消化率なのです。

一般的な青汁は、実は消化率がそれほど高くはありません。これは植物に含まれる食物繊維の細胞壁が影響しているからです。青汁の栄養素が細胞壁に守られ、外へ出にくいため消化しにくくなっているのです。これに対しミドリムシの青汁は動物としての特性があるため、つまりは細胞壁がありません。そのため効率よく栄養素を消化吸収できるのです。しかも植物にはない動物性の栄養素をたっぷり含んでいますので、栄養的にも大変優れたものと言えるのです。